JR北海道、ICカード導入

JR北海道もついにICカードの導入が決まりましたね。JR北海道では、2009年度初頭からのICカード導入に向けて準備を進めていたようですが、システムおよび各機器の仕様検討が順調に進んでいるため、導入開始時期を2008年秋に前倒ししたと発表しました。
導入エリアは、函館本線の小樽〜札幌〜岩見沢、千歳線の札幌〜新千歳空港〜苫小牧、学園都市線の札幌〜北海道医療大学の、無人駅を含む55駅となっています。

名称は「Kitaca(キタカ)」

ICカード名称は、「JR“北(キタ)”海道のIC“カ”ード」を略して「Kitaca(キタカ)」。キャラクターは、北海道全域だけに生息するリス科モモンガ属の小動物「エゾモモンガ」に決定されました。
JR北海道の「Kitaca」は「Suica」、「ICOCA」などと同じ、プリペイド(前払い)型の乗車券。定期券タイプも用意されます。
現在JR東日本が「Suica」、JR西日本が「ICOCA」、JR東海が「TOICA」を導入しているのに続き、JRグループとしては4社目のICカード導入となりました。また、JR九州も2009年春以降にサービスを開始すると表明しています

スポンサードリンク